Requires a javascript capable browser.
宮崎店
0120-570-383 コロナウイルス感染症の対策について ガイソーについて ガイソーのこだわり 店舗を探す メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品 お客様の声 お問い合わせ ボランタリーチェーン加盟店募集
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップブログ > ラジカル塗料が外壁塗装で人気の理由 メリット・デメリットを紹介
ブログ
ラジカル塗料が外壁塗装で人気の理由 メリット・デメリットを紹介
2022年12月03日

ラジカル塗料は、2012年の販売が開始されて以来、シリコンに次ぐ、注目度の高い外壁塗料です。

この記事では、

「ラジカルって初めて聞くけど何?」

「外壁塗装で使われる他のシリコン、フッ素とどう違うの?」

といった疑問にお答えしながら、外壁塗装についてはもちろん、特長とメリット・デメリット、耐久性を紹介!また、定番人気トップのシリコンと比較いたします!

後半では、大手メーカーである日本ペイント・関西ペイント・エスケー化研のおすすめ商品など紹介!

今、ラジカル塗料が注目を浴びている秘密がわかる内容ですので、ぜひ、最後までご覧ください。



目次



ラジカル塗料とは?

 



「ラジカル」とは、外壁の塗料に含まれている「顔料」に酸素・水・紫外線などが触れることによって発生することです。

つまり、塗料を劣化させてしまう作用のことをいいます。

外壁塗装における ラジカル塗料とは?

では、ラジカル塗料とは何でしょうか?それは、酸化チタンと光安定剤(HALS)が含まれている塗料いる塗料ことで、非常に劣化に強い塗料なのです。

ラジカル塗料の特長は?


外壁の表面が劣化・退化してしまうチョーキング現象(ガードレールを触るとチョークのように白い粉が付く)を抑えるため発売された新しい塗料になります。

その劣化を抑える「ラジカル制御型塗料」とも呼ばれていています。

その耐久性と価格から、定番人気のシリコン塗料の追い抜く勢いのある注目度ランキング1位の外壁塗料として注目されています。


ラジカル塗料 メリットとは?

チョーキング現象を抑える

外壁に触れると、チョークの粉のようなものが付着する「チョーキング(白亜化)」は、外壁の塗膜劣化現象の一つです。

劣化によって、塗膜に含まれている「白色顔料(酸化チタン)」が、外壁の表面に白い粉として現れる「チョーキング現象」が起きにくくなっています。

このため、白や淡色で塗装された外壁は、白色顔料の劣化が早く、チョーキング現象が発生しやすいとされています。

チョーキング現象が起きてしまった外壁は、塗り替えを行わなくてはいけません。

「ラジカル塗料」は、このようなチョーキング現象の発生を抑えるために開発されているため、耐久力が高いのです。

コストパフォーマンスが高い

ラジカル塗料は、価格が安く、高性能であることから、コストパフォーマンスが非常に高いのです。

なぜなら、塗料に含まれる樹脂は、一般的な物と変わらないからです。つまり、ラジカル塗料は、価格は大きく変わらないのに高性能な塗料なのです。

ラジカル塗料は、機能の高さがほぼ同等のフッ素塗料と比較すると、1㎡あたりの価格が1,000円位安いです。

高機能な外壁を希望される方にとってラジカル塗料は、劣化を抑えらて、かつ、頻繁に塗り替えずにすみます。長期間で考えたら、メンテナンスの費用を安くできるので、かなりお得と言えます。

ラジカル塗料の耐久年数と価格

耐久年数 目安:8年〜16年

価格 目安:2,200〜4,000円/㎡

防汚・防カビ性

ラジカル塗料は、藻やカビが付きにくいのも特長の1つ。日光の当たらない北側や湿気が溜まりやすい外壁にもおすすめです。

また親水性にも優れているため、ホコリや汚れも付きにくく、雨だれによる汚れも、しっかり抑えられます。

光が持続



汚れに強く、光沢の持ちが良くなる点でも大きなメリットです。

光沢・ツヤの調整も可能ですが、汚れにくく長持ちさせたい場合には、光沢をなるべく落とさないよう、調節することをおすすめします。

下地の壁と、相性が良い

ほとんどの戸建の外壁に使えるのもラジカル塗料の良さです。サイディングはもちろん、モルタル壁・コンクリート・木部などの、あらゆる外壁の素材に対して、塗装することができます。

伸びが良いので塗りやすい

塗料の伸びがよく、塗りやすい面で、多くの職人に好評です。職人が使いやすと、塗装作業がスムーズに行えるため、外壁塗装時の失敗やミスも軽減されるでしょう。

こうした施工のしやすさも、外壁塗装業社さんから好まれて注目が高まってきた理由の1つでしょう。

ラジカル塗料 デメリットとは?





デメリット1 濃い色を出すのが苦手

ラジカル塗料の機能性を高めるのが、高耐候酸化チタンという主成分が、実は白色の顔料なのです。そのため、黒色や紺色などの濃い色をご希望される方は採用できないかもしれません。

デメリット2 実は耐用年数の効果・実績がわかっていない

2012年に発売され、注目を浴び始めたラジカル塗料。近年、やっと普及してきた最新の塗料であるため、最長耐用年数とされる16年を経過した家はありません。

現在の時点では、ラジカル塗料の実力を証明できる住宅は、途中経過にあります。

実績が不明な意味では、注意が必要となるので、定番のシリコン塗料に比べて、デメリットと言えるでしょう。

ラジカル塗料の注意点

注目度の高いラジカル塗料ですが、シリコン塗料やフッ素塗料に比べて、まだまだ普及されていない塗料です。

そおため、注意していただきたいのが、飛び込み営業や地元では聞きなれない塗装業者です。

ラジカル塗料のように、知名度はまだ低く、でも今、徐々に人気が出てきている塗料を無理やり売り込むの業者は要注意!

「いいですよ!これから注目されますよ!ぜひ、やりましょう!」と適当な営業トークで契約をし、そのまま納めてしまうこともあります。

このような強引な塗装業者の口車には絶対に乗らないようにしましょう。

このような方に、ラジカル塗料をおすすめ




ラジカル塗料は、耐久年もあり、機能性がある塗料。長期的に考えてコストを抑えたい方にはメリットがある反面、デメリットもありました。

これらのメリットとデメリットをまとめて、ラジカル塗料チェックシートを作成してみましたのでご覧ください。

① 費用をプラスしても、長持ちさせたい方

定番のシリコン塗料で塗装するよりも、耐用年数があり、チョーキング現象を抑えてくれる機能性を重視させて、長持ちさせたい方は、おすすめいたします。

② 白系や淡彩色系を検討されてる方

主成分の高耐候酸化チタンが、白色のため、淡い色系に塗り替えをご検討されている方は、おすすめいたします。

③ コケ・藻・カビが気になる方

もし、ご自宅の北側に背の高い樹木があったり、近隣宅と間隔が狭く風通しがわるかったり雑草が生えてジメジメしていたりする環境の方は、ラジカル塗料のメリットを発揮できるかもしれません。

また、ご近所の外壁をチェックして、コケや藻が生えているようでしたら、

早めの対策としてラジカル塗料でコケ・藻・カビに対策をおすすめいたします。

あなたのご希望やお悩みはいくつ当てはまりましたか?

もし、1つ以上チェックがある方は、ラジカル塗料を候補の1つに入れてみてはいかがでしょうか?

ラジカル塗料は、色の制限や実績が短くて少ない点、シリコン塗料よりも費用は高くなりますが、外観を長持ちさせたい方には、メリットを最大に活かせる塗料と考えます。

ただ、

「今の状態は、ラジカル塗料が有効なのか?」

「シリコン塗料やフッ素塗料と比べてどうなの?」

「2回目、3回目と、この先のことを考えると妥当なのか?」



といった疑問が出てきた際は、実際に環境や現状を調べる必要があると思います。

そのような時は、 些細な疑問、質問でも構いません、現地調査・ご相談・お見積は無料ですので、佐藤塗装店にお気軽にご相談ください。


他のシリコン・フッ素とラジカルを比較!





価格や耐久性は、他の塗料と比べるとどのくらい差があるのでしょうか?

こちらでは、定番のシリコン塗料と、ワンランク上のフッ素塗料で塗装した場合のメリット・デメリット、 施工単価や耐用年数の違いについて比較してみましょう。

シリコン塗料とは?

シリコン塗料は、外壁塗装において最もスタンダードで人気の高い塗料です。理由としてはコストパフォーマンスの良さです。

価格・耐候性・汚れにくい性能もありバランスが非常によい。塗装店やリフォーム店に、お見積りを依頼すると標準の塗料として必ずシリコンが入っているほど定番の塗料です。

シリコン塗料のメリット
防汚性・耐久性で外壁を長持ちに!

シリコン塗料には、セラミック成分も配合されています。シリコンで塗装した外壁や屋根は、汚れがつきにくく、断熱・遮熱性を上げてくれます。

外壁塗装の工事が終わっても美しさをキープ。防汚性が高いので、汚れてしまってもキレイに落とせるので安心です。




カラーバリエーションが豊富!イメージチェンジ!

シリコン塗料は大変人気のため、各塗料メーカーが力を入れてきました。

そのため、シリコン塗料は他の塗料よりもカラーバリエーションが豊富です。

思い通りの色を組み合わせてイメージチェンジしてみてはいかがでしょうか?

コストパフォーマンスが抜群

シリコン塗料よりもお値打ちなアクリル塗料やウレタン塗料があります。

価格は高価ですが、今後、2回3回と外壁と塗り替えることを考えると安く押さえられることもできます。

耐用年数の長い塗料で施工することで外壁塗装の回数を減らし、諸経費・人件費・足場設置代を節約。結果的にトータルコストの削減できます。

比較 種類・施工単価(㎡)・耐用年数

シリコン塗料の価格

目安:7年〜15年 目安:2,300〜3,500円/㎡

ラジカル塗料の価格

目安:8年〜16年 目安:2,200〜4,000円/㎡

屋根も付帯部分もシリコン塗料で一緒にできる

シリコン塗料は、とても使い勝手がよく、外壁以外の、屋根・付帯部分(雨樋・破風・雨戸・ベランダなど)も、家全体をシリコン塗料で塗る事ができます。

外壁と一緒のシリコン塗料にしておけば劣化スピードが同じになるので、次回の外壁塗装を一緒に行えるので、無駄に足場を組んだり補修する必要がなくなります。

外壁塗装 シリコン塗料のデメリット
他の塗料よりヒビ割れしやすい

外壁塗装した場合、シリコン塗料は塗膜部分が硬く剥がれにくいという良い部分がありますが、ウレタンなどの塗料に比べると弾性が低いのがネック。

例えば、地震で外壁がヒビ割れした場合には、追従ができずシリコンの塗膜も一緒に割れてしまうことが多いです。

重ね塗りには不向き

重ね塗りをする際に塗料を弾いてしまう性質がシリコン塗料にはあります。

もし、10年後に再び外壁塗装をした、塗膜の密着性が悪くなってしまう可能性があります。

ただ、シリコン塗料と相性が良い下地材を使えば、キレイに塗装できますのでご安心ください。

定番だけに種類が多すぎて選べない

シリコンは塗料メーカにとっても売れ筋商品。性能もグレードもとにかく種類が多いため、家にあった塗料が選べるというメリットはありますが、

種類が多いため、ご自身ではどれを選べばよいのか迷ってしいます。

フッ素塗料とは?



フッ素塗料は、東京スカイツリーに使用されるほどの耐久性の高い塗料。高層ビルなどで使用されてきましたが、最近は戸建住宅の外壁塗装でも使用されるようになりました。

外壁塗装での評判も良く、汚れにくさと、防水性を持った塗料ですが、外壁塗装の定番シリコンと比較すると、価格はかなり高めです。



フッ素塗料のメリット
防汚性・耐久性で外壁を長持ちに!


シリコンと比べて耐用年数が長く、塗り替え頻度を少なくすることができます。

塗装の寿命が長いので、1回の外壁塗装費用は高くなっても、2回目3回目とトータルに考えると、結果、外壁にかかる費用の削減つながります。

今後もキレイに長く住み続けたいとお考えであれば、1回あたりの外壁塗装のコストが「高い」というデメリットもカバーできるかもしれません。

光沢感で新築の様な外壁に!


フッ素塗料のもう1つの特長として光沢感が出せることです。ツヤ感が出せると新築のような真新しい家になるのは大きなメリットではないでしょうか?

フッ素塗料のデメリット
価格が高い


外壁塗装の塗料の中でも価格が高いことが大きなデメリットの1つ。ラジカル塗料の1.5倍ほど高くなってしまいます。

比較 種類・施工単価(㎡)・耐用年数

ラジカル塗料の目安耐久年数 : 8年〜16年 価格:2,200〜4,000円/㎡

フッ素塗料の目安耐久年数:12年〜20年 価格:3,500〜4,800円/㎡


重ね塗りには不向き

フッ素の特長として「汚れを寄せつけない」効果があるため。塗りなおしや2回目以降の塗料の密着を妨げてしまうことがあります。

そのため、次回外壁に塗装する際は、業者さんにしっかり説明をした上で、密着性が高くなるように、下塗り塗料を施してもらわなければいけません。



ラジカル塗料の種類とメーカー選び


有数な外壁塗装の3大メーカーと塗料名を紹介いたします。

油性の外壁塗料は施工中にシンナーの臭いがします。気になる方は注意が必要ですので、デメリットとして1つの判断材料にしてください。

水性・油性ほか塗料の専門用語の解説は後ほどいたします。

日本ペイント (通称:ニッペ)
ニッペ ファインパーフェクトトップ 油性

先に発売された、水性のパーフェクトトップに、美しい光沢の特性を持たせるため、油性塗料として開発・発売された塗料。

サイディング・モルタルはもちろん、木部・鉄部など、幅広く塗装が可能です。

ニッペ パーフェクトセラミックトップG 水性

セラミックハイブリッド技術。フッ素塗料を超える、高い耐候性を発揮します。品質はシリーズの中でも最高の塗料。

サイディング・モルタル・ALC(軽量気泡コンクリート)といった外壁に対応。

ニッペ ファインパーフェクトベスト 油性 屋根

屋根塗装のために、新しく開発されたラジカル塗料になります。

フッ素樹脂を配合して、高い耐久性を持たせてあります。対応屋根は、スレート屋根になります。

エスケー化研
エスケープレミアムシリコン 水性

2014年に発売。シリコン樹脂配合の、ラジカル塗料になります。外壁は、サイディング・コンクリート・ALC(軽量気泡コンクリート)などに適してします。

エスケー弾性プレミアムシリコン 水性

汚れやヒビ割れに強く、弾性はエスケープレミアムシリコン以上です。光沢・艶の仕上がりが、非常に美しいです。

エスケープレミアムルーフSi 油性 屋根

屋根・金属屋根に適応。屋根の種類として、スレート、コロニアル、カラーベストと、幅広くオールマイティーに対応。黒・茶・緑などの、濃いカラーから選ぶことができます。

関西ペイント(通称:カンペ)
アレスダイナミックTOP 水性

雨の作業に強い特長があります。理由は、ダイナミック強化剤使用ており、湿った部分や雨天時の塗装が可能になるからです。

梅雨や豪雨が多い季節は、かなり重宝され、天候のせいで工事が延びてしまうことも少なくなるでしょう。

適用する外壁は、窯業系サイディング・モルタル・ALC(軽量気泡コンクリート)など。

まとめ
外壁塗装においてのラジカル塗料まとめ

注目度の高いラジカル塗料についてお伝えしました。いかがでしたでしょうか?

ラジカルとは、「チョーキング現象」という劣化のことを指しました。

ラジカル塗料は、「ラジカル制御型塗料」ともいい、シリコン塗料やフッ素塗料との比較、メリット・デメリットがありました。

このような方は、ラジカル塗料をおすすめ!

● 価格をプラスしても、長持ちさせたい方
● 白系や淡彩色系を検討されてる方
● コケ・藻・カビが気になる方

こちらのチェックシートで、1つ以上チェックがある方は、ラジカル塗料をおすすめさせてもらいました。

ラジカル塗料は若干価格が高くなりますが、美観やメンテナンスの点で条件が合えば、 コストパフォーマンスを最大に活かせる塗料です。

お見積もり現地調査は無料です

もし、外壁塗料の選び方や価格・相場などで、わからないこと知りたいこと、どんな小さなことでも構いません、ありましたら、まずは、佐藤塗装店にお気軽にご相談ください。

施工実績などもお見せしながら、ぴったりの塗料、外壁塗装についてお話しさせていただきます。

無料のご相談・見積もりは無料です。一切費用は掛かりませんのでご安心ください。お申し込みは、ホームページまたは、お電話でも受け付けております。

来店予約 実際に商品が見たい、相談がしたい方はコチラ! ご来店予約でQUOカード1,000円分プレゼント!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!